もう、、、我慢するのはやめないか?

ブラック企業に入社、脱サラをする為に四苦八苦する男の何気ない1日を書き綴っていきます。


スポンサードリンク
JINS

性欲には気をつけろ!!

f:id:t224yamamoto:20171031215036j:plain

【目次】

 

どのように性欲と向き合ってきたか

男性の誰しも大半の人には性欲があると思う。それは子孫繁栄のために女性と性行為をしたいと思う気持ちである。だが、僕は性欲によって今まで数々の物を奪われてきたのではないかと思い至った。

高校3年生の時に初めて彼女ができてから、社会人5年までの約10年間。彼女がいないという期間はほぼなかった。別にモテるでしょ?と自慢がしたい訳では決してない。

長く付き合う彼女もいれば短い彼女もいたし、そして今はフリーの身になり、何も残っていない自分に気づいたのである。

自分が弱く「寂しい」という感情や「性欲」の部分に固執して殻の中にずっと閉じこもってきたせいか、趣味に没頭する事もなく周りの世界をまったく見てこれなかった。週末に彼女と楽しい時間が過ごせればいい。それだけだった。友達の約束も彼女を優先して断っていた。。。

フリーになってから趣味の楽しさを知った。

f:id:t224yamamoto:20170710222646j:plain

まず最後に付き合った彼女と別れた直後に、乗鞍という長野県の山に登りにいった。今まで、街でカフェにいったり、ラブホテルや家で彼女たちと過ごしてきた時には感じられない絶景がそこにはあって感動した。

こんなに綺麗な世界が、自分の知らない世界があるんだって身をもって体感したのである。それから自転車ツーリングにはまり名古屋から金沢までの片道260キロだったかの旅もした。

f:id:t224yamamoto:20171029004642p:plain

最近は、少し寒くなってきたのでボルダリングも初めて肉体改造をするのも楽しくたまらない。こんなに一人だけの時間、友人と過ごす時間というのは楽しいものなのかと改めて感じたのだ。というかボルダリングまじで楽しいwww

f:id:t224yamamoto:20171029014404j:plain

小さい事だが、なんかこだわりを持つようになった。

電子マネーのみで生活チャレンジなどやってみたり、買い物も結構好きにできるようになった。今まで、彼女に奢ったり、ラブホテルにお金使ったり、記念日ごとになにかプレゼントしていたお金を自由にできるのだから他の事に使えて当然だ。

さらに、貯金も少しずつではあるができるようになってきた。

性欲によって失うこと

金銭面の不自由さ

正直、女性とデートするのには金がかかる。プライドなんてすてて全部割り勘にすればいいのだが、やはり男が多めに払うみたいな風習はまだまだ残っていると女性との空気感的に感じている。さらに女性と付き合っていたとしても、飽きるというゲスな面を僕は持ち合わせている。

お酒によった勢いで性欲に身をまかせれば風俗にいってしまいかねない。

性欲によって風俗や彼女にお金をすべて持っていかれると思っておいた方が良いだろう。さらに言うと僕は結婚願望は結構強い方でもあったが、考え方が180度かわった。結婚なんてしたら自由なんてまったくないではないか。という思いも少しある。

この考え方については過去に書いた「結婚反対理論」を呼んで欲しい。

 

t224yamamoto.hatenablog.com

続いて、

時間の不自由さ

もちろん彼女なんていたら週に1回はデートとか縛りがでてくる可能性は高まる。

そうすると自分のしたい時間がなくなる。さらに今回は彼女をつくる事を反対したい記事を書きたいのではなく性欲に気をつけろ!っというのがテーマである。

言うならばオナニーする時間ももったいない。結構、自分好みの動画を探していたら結構な時間が経過していたなんてこともある。なので、私は1動画につき1射精とルール決めをしている。(ドヤッ)だらだらとオナニーをしてもきりがないのだ!(ドヤッ)

 続いて、

リスクからの解放

たとえば、なにか新しい事をしようと思った時に、彼女はなんて思うだろうかとか。

この服や身なりだとどうかとか、転職したら彼女に嫌われるだろうか。とか、彼女との未来の路線を多少は擦り合わせしながら自分の道を開いていかねばならない。

つまり、彼女という守る事がある。さらに、結婚すれば家族という守る事ある。

それは新しい事をする時にかなりの重荷になる。一人でいればできる挑戦も守るものが増えれば増えるほど、自分をどんどん拘束せざるえない。

もちろん、うちは理解ある彼女や奥さんだから大丈夫だという人ならそれは何もいわない。

 

以上、3点が自分の感じる性欲によって失う事である。

 

自分は人が信用できない。

自分は小さい男だ。守るというリスクを抱えきれないから、フリーになった。

そして、パートナーである彼女の事も信用できない男でもあった。

頭のどっか片隅には女も浮気するという思いがついて離れない。今まで彼氏のいる女性とHをしたことは3人ほどいる。しかも、婚約中の子ですら簡単に股を開く事があった。さらに、自分も浮気をされた経験もある。

つまり結婚だの恋人だのというのは表面上の綺麗なルールであって、本当は醜くい乱れた世界なのだという意識がつよいからである。

つまり、結婚も恋愛も自分から言わせれば幻想ある。

結婚なんて「子ども育てるパートナー」という名称に変更した方が良い。それなのに法律で浮気したら罰せられたりする。それだから、結婚は反対。

彼女は欲しいなと思う気持ちもあるはあるが、ようは性欲だ。

ささっと、オナニーして。自分の趣味に時間を費やしていた方が、よほど楽しいであろう。

将来、子どもいなくて心配じゃない?と言われる。

たとえば、自分が今。親に助けてくれと言われたとしても、正直今自分の生活で苦しい。多少の援助はできたとしても一人分養っていく事は厳しいと感じている。

そんな自分の事を思うと、子どもがいるから老後安心と思うのはバカだ。

寂しいとか思うのであれば、犬飼ったり、老人ホームにでもはいればよいと思う。

お金がその時なければ、まぁ死ぬだけか・・な。

人それぞれ幸福な道を探していく

結婚しようがしてないが、幸せな人は幸せだし。不幸だと感じる人は不幸だと思う。だから、今自分の信じる方向に楽しみながら進んでいけば後悔して死ぬことはないんじゃないかなとは思う。

ただ、最初の話に戻るが、金銭面や将来設計、自分の時間すべて考えて。

性欲には気をつけろ!!

以上。


スポンサードリンク