なぜ社畜は疲れるのか。


スポンサー

f:id:t224yamamoto:20170710222646j:image

今日は月曜日が終わりました。

土曜日に自転車旅で乗鞍岳という異世界に行ってましたので、

今日はビルの中歩くだけで疲れたように感じます。

 

偽りは疲れる。

 

休日に疲れたって思う事少ないと思うんですよね。

自転車旅は体力的に疲れますけど、

心地が良いという感じで、気持ちよく眠りにつける。

 

社畜の疲れって、体力的にもメンタル的にも疲れる。

 

その差はなんだろうか。

 

休日は自分の好きな事ができるし、

横になってても良い。

ポロシャツにハーフパンツでもいい。

 

社畜は、時間拘束されている。

横になってゴロゴロする時間はすくない。

好きな事に時間を費やせない。

嫌な人間関係に悩まされる。

こんな所でしょうか。

 

最近、スーツをジャージ素材のスーツに変更しました。

ビヨンビヨン伸びるので本当にラクチンです。

それでも家に帰ってくると疲れを感じるんですよね。

 

つまり、服装ではない。

 

休日でも、睡眠は大事なんですが、

平日はそれができなくて。

つい夜更かししてしまう。

なぜなら、社畜の時間にできなかった事がしたいし、

ストレスも発散した、でも、睡眠不足になる。

するとドンドン疲れが溜まっていってしまう。

 

悪循環のスタートです。

 

雇用されている以上、

奴隷です。

 

お金もらって、保険を半分会社に負担してもらって、

その代わり、上の命令を良く聞いて、平日は毎日働けよ!って、

そういう契約ですよね???

 

仕方ない。

その一言で終わらせるわけにはいかない。

何かを得るには何かを捨てないといけない。

 

みんなが結婚をしたがっていたとして、

するために安定が必要だと言って、会社を求めるのなら。

僕は結婚なんて諦めたい。

 

もっと自由に生きたい。

死ぬまで雇用され続けるなんて絶対に嫌だ。

 

だって、まだ日本の一部しか見てきてないだろう。

f:id:t224yamamoto:20170709103357j:plain

 

じゃあ、社畜だとして、

どういう社畜なら疲れないかと言いますと。

 

1.会社の人間に上下関係がなくて、誰にでもため口。

2.スーツじゃなくて、暑い日はビーサンにタンクトップでOK

3.会社に布団が敷いてあって、いつでも横になりながら仕事できる。

4.休みを週に3日にする。

5.バカバカと商品が売れて文句なし!

 

こんな会社だったらいいなと思いますが、

絶対ないでしょうね。

ジジイ達もプライドがあって、

若い奴に舐められたくないとか思ってて、

なにかと叱ったり、優位なポジションにいたいって絶対に思っています。

 

ビーサンで仕事いける日はこないかもしれません。会社員ならね。

 

会社に布団は無理でしょう。

 

周3くらいなら探せばあるかも??

 

不景気のなか、なかなか決められた商品が売れるのも難しい。

でも、強味があれば。

自分で仕事作ってしまえばいい。

 

会社で疲れるのは、他人の人生を生きているから

今、上げた項目が達成できないのは、

人の奴隷だから。

 

奴隷生活いつまで続けましょうね。

社畜はなぜ疲れるのか、

他人に気を遣いすぎなのかもしれません。

f:id:t224yamamoto:20170704211115j:plain