ジャケットとビジネスバック、社用携帯を地面に叩きつけて逃亡したい気持ちなんだ


スポンサー

14連勤が終わり、壁を乗り越えたと思ったら、

1日休み。

10連勤が終わり。

1日休み。

8連勤を乗り越えたと思ったら、

1日休み。

今3連勤が終わり、残り3連勤。

 

今日は大きい仕事3つの締め切りが同時に重なった事もあり、

ストレスが溜まりすぎて、

今も少し解消しきれないでいる。

 

少し喫茶店で休むと、誰かから電話がくる。

まったく休んだ気にならない。

 

寝て仕事、寝て仕事。

同期が辞めてから、若手が自分ひとりになり。

 

おっさん達の雑務や戯言、肉体労働。

すべて対応することになった。

 

完全に愚痴だ。

こんなブログ、誰の特にもならないであろう。

 

ぐったりと布団にうなだれながら、今記事を書いている。

 

今日はそのストレスが限界点を越えようとしていた、

常に携帯が鳴っていた。

 

社用携帯を地面に叩きつけて、

スーツのジャケットを脱ぎ捨て、

ビジネスバッグも地面に叩きつけて、

どこか遠くまで逃亡したいとさえ思った。

 

少子化が進み、

今はおっさん複数人を若者が対応しないといけない。

 

しかも、おっさん達は年功序列を重んじる。

プライドがある。

上に立ちたがるし、

力はなくても何か教えたがる。

困ったものだ。

 

人で不足だと嘆いている会社も多いのも当たり前だ。

そんな、おっさん達に付き合いきれないから、

若者は離れていく。

 

何か経験値的に、

上司から教わった時のあのドヤ顔。

俺はもう見たくない。

 

いいから、早く自由にさせてくれ。

 

f:id:t224yamamoto:20170609150003j:plain

そして。そんなおっさん達に期待されて、

それにこたえると益々自分のクビを絞めることになる。

 

まず仕事量が増える。

それでも、新人扱いされるから雑務もこなさないといけない。

既存の仕事も割り振られる。

仕事が多忙になりプロジェクトにはいると、

完全に辞めるタイミングも逃す。

 

そんな事している間に、

自分の時間はアッという間に奪われて、

歳ばかりを重ねていく。

 

疲れているけど、

会社から言われている資格も取得しないといけない。

 

時間がほしいが、毎日残業。

土日の出勤も続く。

試験日は迫る。

 

残りの時間で勉強、

世間から隔離される。

 

なんのために、、、生きてるのか。

まったくわからなくなってきた。

 

俺は、

上司や、社長の笑顔を見る為に働いているのか。

上司や、社長は若手の成長の為だ。と、

表では言っているが、

結局、自分が楽をしたい。うまい所がほしい。

自分が助かりたい。

 

そんな事しか考えていない。

まぁ人間誰しもそうだろ。

 

仕事から帰ってきて、急いでご飯を食べた。

パソコンを開いて、

ブログを久しぶりに更新しようと思い書き始めた。

眠くてたまらない。

今日も勉強はできそうにないだろう。

 

少しでも汚点をだせば、

それを蒸し返すように攻め立てられる。

 

ゴミをゴミだと思いながらセールスするのは、つらい。

 

もう世の中、ものにあふれている。

安い値段でも、そこそこの生活はしていける。

 

格差社会が益々進んでいるだけだ。

 

それなら、

下に居るもの8割は無理して働くのを辞めた方がいいと思う。

少しのお金で生きれるようになってきている。

少しのお金を手に入れる方法を自ら掴み自由を手にれる方が、

よっぽど大当たりするチャンスもある。

 

会社員はリスクだらけだ、

いつ会社が潰れるか分からない。

自由もない。

給料も安い。

メリットは目先のちょっとした金が手に入る。

 

それだけだ。

でも、8割が。いや、9割がそれを普通だと思って生活している。

 

洗脳されている。

 

レールから外れちゃダメだって。

 

良く聞くのが、

転職する時は、次を見つけてから辞めるべきだ。

馬鹿野郎。

誰がそんなルールつくった。

 

それも嘘っぱちだ。

 

当たり前を当たり前だと思った時点で、

ロボットだ。ロボット以下だ。

 

常識を疑い続けるんだ。